下腹を引き締め、ポッコリ解消

サイトマップ

下腹引き締めダイエット※下腹ポッコリ解消

最近、下腹ぽっこりしてきてイヤになっちゃう。効果的に下腹を引き締めるダイエット方法はないものか・・・。
年齢と共に下腹の出っ張りが目立つようになりました。30代を過ぎる頃になると少しずつお腹のぜい肉が付いてきてくびれが消えていき、丸太のような体型に・・・・・。(悲)
女性ならいつまでも美しくいたいですよね。下腹を引き締め、ダイエットしたい人のためのサイトです。
それに下腹ぽっこりには思わぬ病気が隠されていることも・・・・。
原因はいろいろあるんです。運動不足だったり、食べ過ぎだって大きな原因です。
ちょっとしたウォーキングなどで解消できる場合もあります。運動すれば代謝が高まってそれだけ脂肪を燃焼させます。
原因が内臓にある場合もあるんですよ。胃下垂だったり腸機能の低下が原因になっていることもあります。
腸の機能が低下するとガスが溜まりやすくなったり便秘になったりします。
女性の場合に出産が原因になっていることもあります。出産後に骨盤が歪んでしまってそれが原因になっていることもあるんです。
骨盤のゆがみは普段の姿勢によっても左右されます。正しい姿勢でいることが大切。
あとは子宮筋腫といった女性特有の病気の可能性もあります。
内臓脂肪やメタボリックシンドロームを解消しましょう。
ここでは、下腹ぽっこりの原因やその解消法を紹介していきたいと思います。
下腹引き締めダイエットで心も体もすこやかに。

下腹がポッコリする原因はなに?


下腹ぽっこりの原因は何でしょう。効果的な下腹引き締めダイエット方法はあるのでしょうか?
内臓脂肪など、いろいろな原因が考えられますが代表的なのは筋肉の衰えがあります。
日ごろの運動不足や年齢を重ねることによって少しずつ筋肉が衰えていきます。
若いころは腹筋が割れていた人でも、だんだんとお腹回りに無駄な皮下脂肪が付いて下腹がでてきます。
ウォーキングや腹筋運動などで衰えた筋肉を鍛え直しましょう。
腹筋だけでなく全身の代謝が衰えている可能性もあります。
内臓、特に胃腸の機能が衰えることによって、胃下垂や腸の機能が衰え消化が悪くなったり便秘になったりします。
下腹ぽっこりの原因が腸にガスがたまっていたり便秘だったりということもあります。
皮下脂肪や内臓脂肪の溜まりすぎはメタボリックシンドロームの原因になります。
また、骨盤の歪みによって下腹がぽっこりする原因になったりします。
骨盤のゆがみは普段の姿勢が悪かったり妊娠や出産によって引き起こされたりします。
あとは子宮筋腫などの重大な病気が隠されている場合もあります。
心配な場合は病院に行って検査を受けることをおすすめします。

メタボリックシンドロームの定義は



血圧130/85以上
血糖値110以上
中性脂肪150以上またはHDLコレステロール40未満

このうちの2つ以上に当てはまればメタボリックシンドロームの疑いがあるといわれています。
内臓脂肪症候群とも呼ばれていて血圧や血糖値が高くなりやすく動脈硬化のリスクもあります。
これは立派な生活習慣病で運動や禁煙、食事などを見直すことで改善していく必要があります。
内臓脂肪が多いと、どうしてもメタボ体型になってしまいます。
不摂生な生活がメタボに拍車をかけることも。
食べ物に気をつけることは勿論、運動や下腹部のマッサージも効果ありです。
おなかをへこますために、腹筋運動も良いかもしれませんね。

下腹を引き締める効果的な方法は?


下腹ぽっこりを解消したい!引き締めたい!
下腹のたるみの原因のひとつに運動不足や筋力の低下によるものがあります。
男性でも女性でも同じでぽっこりお腹は気になるもの。
お腹のマッサージや腹筋運動などは効果があります。
毎日の実践で無理なく少しずつ実施していきましょう。

下腹引き締めマッサージ


下腹やウエストを上手に引き締めるなら部分マッサージがオススメ。
もちろん、ふとももや二の腕といったところも。
部分マッサージは体の部位ごとにターゲットを決めて行うマッサージ。
下腹やウエストについた余分な皮下脂肪を取り去ろうというもの。
若い頃のようなくびれたウエストに戻りたいですよね。
代謝促進や皮膚の活性化が目的。
また、体に溜まった老廃物を洗い流してくれる効果もあります。
下腹がぽっこりする原因として内臓脂肪や皮下脂肪の他に腸に溜まったガスや老廃物も大きな原因。
下腹をマッサージすることで腸の働きを活性化し、リンパの流れをスムーズに改善する効果も期待できます。
下腹を引き締めてあげるには、おなかにたまった毒素を排泄する事が大切なんですね。

下腹を引き締めるマッサージ方法


下腹引き締めにはマッサージも効果的!
自分で出来る簡単な方法としては下腹を丁寧にマッサージする方法があります。
下腹を手で時計回りにやさしくマッサージすると筋肉や腸がほぐれて、リンパの流れもよくなります。
最後に仕上げとしておへその付近から下に向かってマッサージしてあげると排泄を促す効果があります。

下腹引き締め 腹筋


お腹の筋肉が弱って下腹ぽっこりになってしまったら、引き締め効果の高い腹筋でしょう。
かっこよくいうとシットアップですね。
お腹の筋肉を使って代謝アップと筋肉をつけることで下腹を引き締める効果があります。
マッサージも効果的ですが、体力に自信のある方は腹筋を試してみるのもオススメです。
やりかたは簡単!床に仰向けに寝転んで上半身を起こすというのを繰り返すだけなんですが、無理は禁物!
夢中でやりすぎると翌日お腹の筋肉が痛くなっちゃいますよ。
初めの内は自分の体力と相談しながらもうチョットがんばれるかな?と思ったところでやめておきます。
最初から限界までがんばってしまうと途中でいやになって後が続きません。
何事も続ける事が大切。
1週間くらい続けて慣れてきたら徐々に回数を増やしましょう。
腹筋運動のコツとしては膝を曲げてやったほうが腰への負担が軽減されます。
上体を起こす時は完全に起こさなくても自分のお臍を覗き込むような感覚で45度程度体を起こせば十分効果があります。
毎日5分で結構ですのでやってみれば引き締め効果が実感できますよ。

「下腹引き締めダイエット※下腹ポッコリ解消」について

下腹を引き締めて、くびれのあるウエストを作りたい!下腹ぽっこりを解消して健康的な体になりたい!下腹ダイエットを成功させるには?効果的な下腹ダイエットの方法は何かを考えてみたいと思います